ユークロマプラスクリーム2%の効果と副作用

ユークロマプラスクリーム2%は、インドの医薬品メーカーが製造・販売している薬用の美白クリームで、有効成分のひとつとしてハイドロキノン2%を含有しています。
このハイドロキノンというのは、国内で市販されている美容液、固形石けん、洗顔フォームなどにも一部の銘柄で使用されているものです。
もともとはイチゴやブルーベリー、紅茶、コーヒーなどの天然のものにも含まれているという成分であり、皮膚を紫外線などのダメージから守るという作用のほか、シミ・そばかすなどの色素沈着の原因となっているメラニン色素の合成にかかわる酵素を阻害するという作用もあります。
そのため、ユークロマプラスクリーム2%をシミ・そばかすがある部分に塗布すると、こうしたものがしだいに薄くなって目立たないようになるという効果が期待できます。
また、このユークロマプラスクリーム2%には、ピーリング成分も含まれているため、塗るとしぜんに皮膚のターンオーバーが促進され、シミ・そばかすのある古い皮膚がはがれて、新しい皮膚に生まれ変わるサイクルが速くなるという効果もあります。
このようなユークロマプラスクリーム2%ですが、外用クリームのため副作用はあまりないものの、敏感肌の人にとってはいくつかの副作用がないわけでもありません。
ユークロマプラスクリーム2%には、このような場合も考えて、抗炎症作用のある物質もあらかじめ含有されてはいるのですが、例えば塗った部分に赤み、刺激感、腫れなどがみられることもあります。
このような場合は、基本的に肌全体ではなく、気になる部分に対してのみごく少量を用いるという方法をとるか、使用を中止してようすを見るというのがいちばんですが、心配があれば皮膚科のクリニックを受診するのがよいでしょう。

■おすすめの医薬品 通販はこちら
■美しい肌を手に入れるには知って損はないですよ!
プラセンタの驚くべき効果とは
■シミ・シワのない綺麗な肌には長くて綺麗なまつげが必須ですよ!
ルミガン